仕事の道具 その2

和文の時に使っている仕事の道具については、前のエントリーで書いたので、今回は英文を書くときに使っている道具について書いてみたい。

ボキャブラリーにはアクティブなものと、パッシブなものがあるが、基本的にはアクティブなものを増やすようにしている。パッシブなボキャブラリーとは、読んで意味が分かるもの。アクティブなボキャブラリーは、読んで分かるし、自分の語彙として書いたり話したりするときに自然と出てくるもの。いくら辞書をひいても、アクティブボキャブラリーが少ないとぎこちない文章になりがちだ。ではどうやってアクティブなボキャブラリーを増やすのか。私は自分が訳している分野の文章を日本語、英語の両方で定期的に読むようにしている。日本語でもコロケーションがあるが、当然ながら英語でもコロケーションがある。日本文を読んだ後に、一呼吸おいてから英語に置き換えていく。スクールに通っていた当時、通訳になるか翻訳者になるか決めかねていた時期があり、通訳者養成コースで学んだリテンション、シャドーイングなどがずいぶんと英訳時に役立っている。

英訳をする際には基本的にはMSワードで作業しているのだが、Grammarly Premiumのアドインを使っている。月額にして$11.66、年額$139.95だが必要経費だと思っている。基本的に仕事の道具は有料のものを使うようにしている。

スタンドアロンで使える辞書も使っているのだが、オンラインで使っている有料の辞書では、研究社のKODを愛用している。辞書ブラウザが使いにくいという難点はあるのだが、いつでもどこでも使える、ということで、重宝している。契約しているのは、個人アドバンストで英英辞書のオプション付き。ランニングコストは極力抑えたいとは思っているのだが、年間で契約しているサービスのひとつだ。

研究社のKOD 個人アドバンスト 11,880 円(年間)

Oxford Advanced Learner’s Dictionary 7th edition 2,592 円(年間)

The Chicago Manual of Styleは経費節約のため現在は紙を使っていて、オンラインのサイトで掲載されているページを確認して、紙で確認している。とはいえ、紙をいつも持ち歩いているわけではないで、そのうちこちらも契約しないといけないかもしれない。

The Chicago Manual of Style Online

シソーラスは前に校正者に教えてもらったオンラインのものを使っている。

http://www.thesaurus.com/

私の場合、英語ネイティブの校正にかけるものと、かけないものがあって、かけるものの方が多いかもしれない。基本的にはここまでやって、英語ネイティブの方に校正をお願いして、戻ってきたファイルをクロスチェックしてから納品することになる。

フリーランスとして駆けだしたときから英語ネイティブの校正者とはペアを組んでいて、英文添削の個人レッスンをOJTでやらせてもらっている、と考えているので、月間で発生する校正料は必要経費と割り切っている。おかげで、校正をかけない案件も途切れずにいただいているので、日本にいながらにしてまずまずなのではないかと思っている。

私がお勧めの英訳の講座は、遠田和子さんのクラス。機会があったら、ぜひ受けてみたらよいと思う。

PDFのテキストの書き出しに使っているのは、

Adobe Export PDF 年間の料金:2,400円/年

大量のPDFをテキストに書き出す必要があったので有料版に切り替えた。

日本語でも英語でも自分の脳みそが一番だと思っているので、ここ数年あちこちで寄せてもらっているいくつかの勉強会で読んでいる課題などは、インプットにとても役立っている。和訳の勉強会なのに、英語の小説やエッセイ、記事を読む機会が増えて、和訳、英訳の両方に役立っている。

 

(写真)お気に入りの美術館:横須賀美術館

13679962_10207018668367342_3412242407120485207_o