「本の翻訳と私」最所 篤子さん

「日本翻訳ジャーナル」2018年7月/8月号が発行されました。

連載「翻訳と私」第11回 では、「本の翻訳と私」と題して、 フリーランス翻訳者の最所 篤子さんに寄稿していただきました。

【最所 篤子さんプロフィール】
フリーランス翻訳者。出版、実務翻訳を手掛ける。東京都立大学大学院修士課程修了(イラン近代史)。英国リーズ大学大学院で翻訳を学ぶ。主な訳書にエリザベス・テイラー『クレアモント・ホテル』、ニック・ホーンビィ『ア・ロング・ウェイ・ダウン』、ジョジョ・モイーズ『ミー・ビフォア・ユー きみと選んだ明日』『ワン・プラス・ワン』がある。趣味は庭づくりと絵を描くことで、そうした本も訳したいと希望している。

ログイン登録をしていただけましたら、無料でお読みいただけます。

最所 篤子さん、有り難うございました!

最新号:http://journal.jtf.jp/

サイト右上の「ログイン」をクリック
「無料アカウントを作成」してログイン、
その後に「表紙をクリック」してください。

連載「翻訳と私」バックナンバー(敬称略)
http://journal.jtf.jp/backnumber/

「調べ物という命綱」和爾 桃子(2018年5月/6月号)
「効率的な翻訳を」上原 裕美子(2018年3月/4月号)
「優秀な受講生のみなさんに講師が学ぶ翻訳教室」金子 靖(2017年11月/12月号)
「空白のものがたり」喜多直子(2017年9月/10月号)
「ミスのない翻訳チェックをするために」久松紀子(2017年7月/8月号)
「世界一面白い本を」白須清美(2017年5月/6月号)
「ことばの森の片隅に」星野靖子(2017年3月/4月号)
「翻訳を仕事にするまで」石垣賀子(2016年11月/12月号)
「なぜ、『出版翻訳家』になりたかったのか」藤田優里子(2016年9月/10月号)
「わたしを導いたもの」斎藤 静代(再掲、2016年7月/8月号)

旧コラム「人間翻訳者の仕事部屋」(敬称略)
http://journal.jtf.jp/column18_list/

「わたしを導いたもの」斎藤静代
「翻訳と役割語」片山奈緒美
「『デュカン・ダイエット』をめぐる冒険」福井久美子
「出版翻訳と軍事とTradosと」角敦子
「私の選んだ道」久保尚子
「実務から書籍へ、そして翻訳会社」山本知子
「しなやかな翻訳スタイルを目指して進化中」倉田真木
「Out of Line」小野寺粛
「小さな節目に」熊谷玲美
「はじまりは気づかぬうちに」北川知子
「在米翻訳者のつぶやき」ラッセル秀子
「校正刷りの山の中から」伊豆原弓
「結局趣味が仕事になった」安達俊一
「ワタシハデジタルナホンヤクシャ」安達眞弓
「翻訳書の編集は『生業』であり『使命』」小都一郎
「大統領を追いかけ続け早十二年」村井理子

JTFjournal296