【次回予告】「翻訳と私」翻訳者の廣瀬麻微さん

【次回予告】
次回の「翻訳と私」(最終回)では、翻訳者の廣瀬麻微さんに寄稿していただきます。お楽しみに。

栃木県那須塩原市生まれ。東北大学文学部卒。県立高校で7年間教員として勤務したのち、2017年に翻訳学校へ入学。2018年よりフリーランス翻訳者として仕事をはじめる。第15回JAT新人翻訳者コンテスト優勝(英日部門)。好きなものは、かっこいい物語、ハッピーエンドの映画、海外ドラマ、ミュージカル、猫。夢は文芸翻訳者としてひとりでも多くの人に海外の魅力的な物語を届けられるようになること。

第15回新人翻訳者コンテスト 受賞者とファイナリストの訳文
https://jat.org/ja/news/fifteenth-annual-jat-contest-translation-of-award-winners-and-finalists

最新号では、舟津 由美子さんに寄稿してもらっています。

30. 「幼い頃の憧れが形になった翻訳という仕事」舟津 由美子2019年7月/8月号)

最新号:http://journal.jtf.jp/
サイト右上の「ログイン」をクリック
「無料アカウントを作成」してログイン、
その後に「表紙をクリック」してください。

連載「翻訳と私」バックナンバー(敬称略)
*ログインが必要になります。
http://journal.jtf.jp/backnumber/
29.「翻訳が教えてくれたこと」児島修(2019年3月/4月号)
28.「子どもの本の世界」長友恵子(2018年11月/12月号)
27.「翻訳と私」矢能千秋(2018年9月/10月号)
26.「本の翻訳と私」最所 篤子(2018年7月/8月号)
25.「調べ物という命綱」和爾 桃子(2018年5月/6月号)
24.「効率的な翻訳を」上原 裕美子(2018年3月/4月号)
23.「優秀な受講生のみなさんに講師が学ぶ翻訳教室」金子 靖(2017年11月/12月号)
22.「空白のものがたり」喜多直子(2017年9月/10月号)
21.「ミスのない翻訳チェックをするために」久松紀子(2017年7月/8月号)
20.「世界一面白い本を」白須清美(2017年5月/6月号)
19.「ことばの森の片隅に」星野靖子(2017年3月/4月号)
18.「翻訳を仕事にするまで」石垣賀子(2016年11月/12月号)
17.「なぜ、『出版翻訳家』になりたかったのか」藤田優里子(2016年9月/10月号)
16.「わたしを導いたもの」斎藤 静代(再掲、2016年7月/8月号)

旧コラム「人間翻訳者の仕事部屋」(敬称略)
ログインしないで直接記事に飛びます。

http://journal.jtf.jp/column18_list/
16.「わたしを導いたもの」斎藤 静代
15.「翻訳と役割語」片山奈緒美
14.「『デュカン・ダイエット』をめぐる冒険」福井久美子
13.「出版翻訳と軍事とTradosと」角敦子
12.「私の選んだ道」久保尚子
11.「実務から書籍へ、そして翻訳会社」山本知子
10.「しなやかな翻訳スタイルを目指して進化中」倉田真木
9.「Out of Line」小野寺粛
8.「小さな節目に」熊谷玲美
7.「はじまりは気づかぬうちに」北川知子
6.「在米翻訳者のつぶやき」ラッセル秀子
5.「校正刷りの山の中から」伊豆原弓「校正刷りの山の中から」伊豆原弓
4.「結局趣味が仕事になった」安達俊一
3.「ワタシハデジタルナホンヤクシャ」安達眞弓
2.「翻訳書の編集は『生業』であり『使命』」小都一郎
1.「大統領を追いかけ続け早十二年」村井理子

JTFjournal302

 

「優秀な受講生のみなさんに講師が学ぶ翻訳教室」金子 靖さん

「日本翻訳ジャーナル」11月/12月号が発行されました。

連載「翻訳と私」では、「優秀な受講生のみなさんに講師が学ぶ翻訳教室」と題して、 (株)研究社 編集者 金子 靖さんにご寄稿いただきました。

【金子 靖さんプロフィール】
(株)研究社 編集者。英語関係の書籍や大学テキスト、専門書、翻訳書、問題集の編集のほか、翻訳、新聞コラムや書評の執筆なども手がける。担当書籍に、渡辺利雄『 講義アメリカ文学史[全3巻]』、中村保男『新編 英和翻訳表現辞典』、柴田元幸『英語クリーシェ辞典』、宮脇孝雄『英和翻訳基本辞典』など。また東京工業大学、早稲田大学、東京理科大学などで講師もつとめる。2009年4月に開講した青山ブックスクールの「翻訳教室」は大好評で、毎回多くの受講生を集めている。

ログイン登録をしていただけましたら、無料でお読みいただけます。

金子 靖さん、ご寄稿有り難うございました!

最新号:http://journal.jtf.jp/

サイト右上の「ログイン」をクリック
「無料アカウントを作成」してログイン、
その後に「表紙をクリック」してください。

連載「翻訳と私」バックナンバー(敬称略)
http://journal.jtf.jp/backnumber/

「空白のものがたり」喜多直子(2017年9月/10月号)
「ミスのない翻訳チェックをするために」久松紀子(2017年7月/8月号)
「世界一面白い本を」白須清美(2017年5月/6月号)
「ことばの森の片隅に」星野靖子(2017年3月/4月号)
「翻訳を仕事にするまで」石垣賀子(2016年11月/12月号)
「なぜ、『出版翻訳家』になりたかったのか」藤田優里子(2016年9月/10月号)
「わたしを導いたもの」斎藤 静代(再掲、2016年7月/8月号)

旧コラム「人間翻訳者の仕事部屋」(敬称略)
http://journal.jtf.jp/column18_list/

「わたしを導いたもの」斎藤静代
「翻訳と役割語」片山奈緒美
「『デュカン・ダイエット』をめぐる冒険」福井久美子
「出版翻訳と軍事とTradosと」角敦子
「私の選んだ道」久保尚子
「実務から書籍へ、そして翻訳会社」山本知子
「しなやかな翻訳スタイルを目指して進化中」倉田真木
「Out of Line」小野寺粛
「小さな節目に」熊谷玲美
「はじまりは気づかぬうちに」北川知子
「在米翻訳者のつぶやき」ラッセル秀子
「校正刷りの山の中から」伊豆原弓
「結局趣味が仕事になった」安達俊一
「ワタシハデジタルナホンヤクシャ」安達眞弓
「翻訳書の編集は『生業』であり『使命』」小都一郎
「大統領を追いかけ続け早十二年」村井理子

Facebookページhttps://www.facebook.com/%E7%BF%BB%E8%A8%B3%E3%81%A8%E7%A7%81-346062368870900/

 

JTFjournal292

「空白のものがたり」翻訳者 喜多直子さん

「日本翻訳ジャーナル」9月/10月号が発行されました。

連載「翻訳と私」では、「空白のものがたり」と題して、 翻訳者の喜多直子さんにご寄稿いただきました。

【喜多直子さんプロフィール】
和歌山県、箕島出身。野球に親しんで育ったが、ミラニスタの夫、サッカー選手にちなんで名づけた息子、「ジズー」というミドルネームをもつ猫と暮らしている。大学卒業後、公立中学校の英語教師、英会話講師、企業内通訳・翻訳を経て、出版翻訳の世界へ。訳書『サファリ』(フォティキュラーブック・シリーズ/大日本絵画)、『猫がくれたたいせつな贈りもの』(アルファポリス)、『カート・コバーン:オフィシャルドキュメンタリー』(ヤマハミュージックメディア)他。

ログイン登録をしていただけましたら、無料でお読みいただけます。

喜多さん、ご寄稿有り難うございました!

最新号:http://journal.jtf.jp/

サイト右上の「ログイン」をクリック
「無料アカウントを作成」してログイン、
その後に「表紙をクリック」してください。

連載「翻訳と私」バックナンバー(敬称略)
http://journal.jtf.jp/backnumber/

「ミスのない翻訳チェックをするために」久松紀子(2017年7月/8月号)
「世界一面白い本を」白須清美(2017年5月/6月号)
「ことばの森の片隅に」星野靖子(2017年3月/4月号)
「翻訳を仕事にするまで」石垣賀子(2016年11月/12月号)
「なぜ、『出版翻訳家』になりたかったのか」藤田優里子(2016年9月/10月号)
「わたしを導いたもの」斎藤 静代(再掲、2016年7月/8月号)

旧コラム「人間翻訳者の仕事部屋」(敬称略)
http://journal.jtf.jp/column18_list/

「わたしを導いたもの」斎藤静代
「翻訳と役割語」片山奈緒美
「『デュカン・ダイエット』をめぐる冒険」福井久美子
「出版翻訳と軍事とTradosと」角敦子
「私の選んだ道」久保尚子
「実務から書籍へ、そして翻訳会社」山本知子
「しなやかな翻訳スタイルを目指して進化中」倉田真木
「Out of Line」小野寺粛
「小さな節目に」熊谷玲美
「はじまりは気づかぬうちに」北川知子
「在米翻訳者のつぶやき」ラッセル秀子
「校正刷りの山の中から」伊豆原弓
「結局趣味が仕事になった」安達俊一
「ワタシハデジタルナホンヤクシャ」安達眞弓
「翻訳書の編集は『生業』であり『使命』」小都一郎
「大統領を追いかけ続け早十二年」村井理子

Facebookページhttps://www.facebook.com/%E7%BF%BB%E8%A8%B3%E3%81%A8%E7%A7%81-346062368870900/

201709021232_2

「ことばの森の片隅に」 翻訳者 星野 靖子さん

毎号ゲストをお呼びして寄稿いただいている「JTFジャーナル」の連載コラム「翻訳と私」。最新号では「ことばの森の片隅に」と題して、翻訳者の星野 靖子さんにご執筆いただきました。

翻訳との出会いから、初めての訳書『ボリビアの歴史』(創土社)のこと、「翻訳の木を育てる」について、星野さんらしい優しい語り口で「翻訳と星野さん」について書いてくださいました。

星野さん、すてきな寄稿をありがとうございました。

「JTFジャーナル」最新号 

 

バックナンバー

翻訳と私Facebookページ

201703041852_1.jpg