朝どれ真鯛のあら

筋子を漬けようと水産市場に行ったら朝どれ真鯛のあらが安かったので買ってきた。今日の夕飯はこれに決定。198円を2パック買った。

ざるにあけて、冷水で洗う。鱗が残っていたら包丁でこそげた方がよいけど、面倒くさいので省略。大きな竹ざるにペーパータオルをしき、塩をふる。魚を並べる。塩をふる。ペーパータオルをしくの繰り返し。左がカマ、右が頭。頭は吸い物に、カマと残りの身は塩焼きに。

塩焼きにするカマと残りの身は、ラップにくるんで冷蔵庫へ。結構とれた。まともな身もあるので小分けにして冷凍したらいいのかもしれないけど、面倒くさいのですべて塩焼きに。

23471974_10210749041904349_4380094306378099378_n

あく取り用の落とし蓋を使っているので、あくを取っていないけど、保温鍋に切り出し昆布と一緒に頭を4切れ入れて煮る。沸騰したらそのまま保温器へ。保温鍋はシャトルシェフの鍋をふたつ持っている。冬場は汁物を作るのに大活躍。

23549934_10210749160347310_1982079967013911542_o

これで400円弱で2品できた。今日の夕飯は、いくらの醤油漬け、真鯛の塩焼き、真鯛の汁物に決まり。切り出し昆布は水に戻したりせずに、キッチンばさみでそのまま鍋に切り入れる。ここら辺の話は、『もっと使える乾物の本―おいしさ・手軽さ新発見 食べ方・使い方170』だったかな、奥薗壽子さんのずぼら育児本などを一時ずいぶんと読んで以来、乾物は戻さずそのまま使っている。

 

 

いくらの醤油漬け

この季節になると生鮭、筋子が魚市場の店頭に並ぶ。水揚げ漁港なのでさまざまな朝どれの魚が手ごろな値段で手に入る。この時期は正月を前にまだそれほど高騰していないので、水産市場で筋子を見かけたら買うようにしている。かなり適当なレシピだけど、千歳爺から教えてもらった作り方を紹介する。

1.新鮮な筋子を買え!
月曜の筋子は外れが多いのだろうか。週末の売れ残りかもしれないので、今回は火曜日に買ってみた。市場が開いている日に買うことを勧める。鮮度が落ちた筋子はほぐしているうちに溶けてなくなってしまう。当たり外れを経験しながらも当たりを見極められるようになりたいものだと思いながら、毎回筋子選びには苦労する。

今回は、これ。朝どれ真鯛のあらも安かったので一緒に買った。

23621632_10210749042984376_2632622445112472259_n

2.ほぐす
筋子をまな板の上に載せて、開く。ほぐす。新鮮な筋子だと、ほろほろと勝手にほぐれる。鮮度が悪いと触れば触るほど崩れていき、洗ったら溶けてなくなる。今回は手でほぐれた。小皿などでこそげる、という方法もあるけど、今回は必要なかった。

23519117_10210749040184306_3087248229647456916_n

ほぐしたものがこれ。結構な量である。これをぬるま湯で洗う。白濁するけれども漬けたら透明になるので大丈夫。

23472193_10210749040504314_2010941644666862028_n

3.漬ける
大人用は酒、醤油、一味唐辛子のみ。坊主用にマグロのづけ丼ダレを使っている。量は適当。たぷたぷになるくらい。一味唐辛子を加える。

23473204_10210749040824322_896148561209320982_n

こんな感じ。あとで小分けにして、正月用、坊主の留守番ご飯用に半分くらいは冷凍。筋子は今の時期しか出回らないので、ちょっと一品足りないとき用に冷凍しておくと重宝する。正月の買い出しがそろそろ始まるので、値がさらに上がる前に買ったらよいかも。

23435275_10210749041104329_1006117303642192256_n

「優秀な受講生のみなさんに講師が学ぶ翻訳教室」金子 靖さん

「日本翻訳ジャーナル」11月/12月号が発行されました。

連載「翻訳と私」では、「優秀な受講生のみなさんに講師が学ぶ翻訳教室」と題して、 (株)研究社 編集者 金子 靖さんにご寄稿いただきました。

【金子 靖さんプロフィール】
(株)研究社 編集者。英語関係の書籍や大学テキスト、専門書、翻訳書、問題集の編集のほか、翻訳、新聞コラムや書評の執筆なども手がける。担当書籍に、渡辺利雄『 講義アメリカ文学史[全3巻]』、中村保男『新編 英和翻訳表現辞典』、柴田元幸『英語クリーシェ辞典』、宮脇孝雄『英和翻訳基本辞典』など。また東京工業大学、早稲田大学、東京理科大学などで講師もつとめる。2009年4月に開講した青山ブックスクールの「翻訳教室」は大好評で、毎回多くの受講生を集めている。

ログイン登録をしていただけましたら、無料でお読みいただけます。

金子 靖さん、ご寄稿有り難うございました!

最新号:http://journal.jtf.jp/

サイト右上の「ログイン」をクリック
「無料アカウントを作成」してログイン、
その後に「表紙をクリック」してください。

連載「翻訳と私」バックナンバー(敬称略)
http://journal.jtf.jp/backnumber/

「空白のものがたり」喜多直子(2017年9月/10月号)
「ミスのない翻訳チェックをするために」久松紀子(2017年7月/8月号)
「世界一面白い本を」白須清美(2017年5月/6月号)
「ことばの森の片隅に」星野靖子(2017年3月/4月号)
「翻訳を仕事にするまで」石垣賀子(2016年11月/12月号)
「なぜ、『出版翻訳家』になりたかったのか」藤田優里子(2016年9月/10月号)
「わたしを導いたもの」斎藤 静代(再掲、2016年7月/8月号)

旧コラム「人間翻訳者の仕事部屋」(敬称略)
http://journal.jtf.jp/column18_list/

「わたしを導いたもの」斎藤静代
「翻訳と役割語」片山奈緒美
「『デュカン・ダイエット』をめぐる冒険」福井久美子
「出版翻訳と軍事とTradosと」角敦子
「私の選んだ道」久保尚子
「実務から書籍へ、そして翻訳会社」山本知子
「しなやかな翻訳スタイルを目指して進化中」倉田真木
「Out of Line」小野寺粛
「小さな節目に」熊谷玲美
「はじまりは気づかぬうちに」北川知子
「在米翻訳者のつぶやき」ラッセル秀子
「校正刷りの山の中から」伊豆原弓
「結局趣味が仕事になった」安達俊一
「ワタシハデジタルナホンヤクシャ」安達眞弓
「翻訳書の編集は『生業』であり『使命』」小都一郎
「大統領を追いかけ続け早十二年」村井理子

Facebookページhttps://www.facebook.com/%E7%BF%BB%E8%A8%B3%E3%81%A8%E7%A7%81-346062368870900/

 

JTFjournal292

「空白のものがたり」翻訳者 喜多直子さん

「日本翻訳ジャーナル」9月/10月号が発行されました。

連載「翻訳と私」では、「空白のものがたり」と題して、 翻訳者の喜多直子さんにご寄稿いただきました。

【喜多直子さんプロフィール】
和歌山県、箕島出身。野球に親しんで育ったが、ミラニスタの夫、サッカー選手にちなんで名づけた息子、「ジズー」というミドルネームをもつ猫と暮らしている。大学卒業後、公立中学校の英語教師、英会話講師、企業内通訳・翻訳を経て、出版翻訳の世界へ。訳書『サファリ』(フォティキュラーブック・シリーズ/大日本絵画)、『猫がくれたたいせつな贈りもの』(アルファポリス)、『カート・コバーン:オフィシャルドキュメンタリー』(ヤマハミュージックメディア)他。

ログイン登録をしていただけましたら、無料でお読みいただけます。

喜多さん、ご寄稿有り難うございました!

最新号:http://journal.jtf.jp/

サイト右上の「ログイン」をクリック
「無料アカウントを作成」してログイン、
その後に「表紙をクリック」してください。

連載「翻訳と私」バックナンバー(敬称略)
http://journal.jtf.jp/backnumber/

「ミスのない翻訳チェックをするために」久松紀子(2017年7月/8月号)
「世界一面白い本を」白須清美(2017年5月/6月号)
「ことばの森の片隅に」星野靖子(2017年3月/4月号)
「翻訳を仕事にするまで」石垣賀子(2016年11月/12月号)
「なぜ、『出版翻訳家』になりたかったのか」藤田優里子(2016年9月/10月号)
「わたしを導いたもの」斎藤 静代(再掲、2016年7月/8月号)

旧コラム「人間翻訳者の仕事部屋」(敬称略)
http://journal.jtf.jp/column18_list/

「わたしを導いたもの」斎藤静代
「翻訳と役割語」片山奈緒美
「『デュカン・ダイエット』をめぐる冒険」福井久美子
「出版翻訳と軍事とTradosと」角敦子
「私の選んだ道」久保尚子
「実務から書籍へ、そして翻訳会社」山本知子
「しなやかな翻訳スタイルを目指して進化中」倉田真木
「Out of Line」小野寺粛
「小さな節目に」熊谷玲美
「はじまりは気づかぬうちに」北川知子
「在米翻訳者のつぶやき」ラッセル秀子
「校正刷りの山の中から」伊豆原弓
「結局趣味が仕事になった」安達俊一
「ワタシハデジタルナホンヤクシャ」安達眞弓
「翻訳書の編集は『生業』であり『使命』」小都一郎
「大統領を追いかけ続け早十二年」村井理子

Facebookページhttps://www.facebook.com/%E7%BF%BB%E8%A8%B3%E3%81%A8%E7%A7%81-346062368870900/

201709021232_2

連載「翻訳と私」:『かぞくがのみすぎたら』(サウザンブックス社:翻訳)久松紀子さん

「日本翻訳ジャーナル」7月/8月号が発行されました。

連載「翻訳と私」では、執筆者、編集者、校正者、翻訳者と4つの顔をもつ久松紀子さんに寄稿いただきました。

携わった書籍は、
『指でさすだけ!旅行英会話』(西東社:執筆)
『世界を変えたアメリカ大統領の演説』(講談社:校正)
『すぐに使える!ヘアサロンの英会話』(女性モード社:編集)
『かぞくがのみすぎたら』(サウザンブックス社:翻訳)など多数。

「ミスのない翻訳チェックをするために」と題して、 普段心がけていること、使っているツールなどをご紹介いただきました。

最新号:http://journal.jtf.jp/

サイト右上の「ログイン」をクリック
「無料アカウントを作成」してログイン、
その後に「表紙をクリック」してください。

連載「翻訳と私」バックナンバー(敬称略)
http://journal.jtf.jp/backnumber/

「世界一面白い本を」白須清美(2017年5月/6月号)
「ことばの森の片隅に」星野靖子(2017年3月/4月号)
「翻訳を仕事にするまで」石垣賀子(2016年11月/12月号)
「なぜ、『出版翻訳家』になりたかったのか」藤田優里子(2016年9月/10月号)
「わたしを導いたもの」斎藤 静代(再掲、2016年7月/8月号)

旧コラム「人間翻訳者の仕事部屋」(敬称略)
http://journal.jtf.jp/column18_list/

「わたしを導いたもの」斎藤静代
「翻訳と役割語」片山奈緒美
「『デュカン・ダイエット』をめぐる冒険」福井久美子
「出版翻訳と軍事とTradosと」角敦子
「私の選んだ道」久保尚子
「実務から書籍へ、そして翻訳会社」山本知子
「しなやかな翻訳スタイルを目指して進化中」倉田真木
「Out of Line」小野寺粛
「小さな節目に」熊谷玲美
「はじまりは気づかぬうちに」北川知子
「在米翻訳者のつぶやき」ラッセル秀子
「校正刷りの山の中から」伊豆原弓
「結局趣味が仕事になった」安達俊一
「ワタシハデジタルナホンヤクシャ」安達眞弓
「翻訳書の編集は『生業』であり『使命』」小都一郎
「大統領を追いかけ続け早十二年」村井理子

「翻訳と私」fbページ:
https://www.facebook.com/%E7%BF%BB%E8%A8%B3%E3%81%A8%E7%A7%81-346062368870900/

JTFjournal290

「世界一面白い本を」白須清美さん

昨年度から連載が始まった「翻訳と私」。新年度第一号では、「世界一面白い本を」と題して、白須清美さんに寄稿いただきました。

今月号から「JTFジャーナル」のテーマが、今までの「翻訳の未来を考える」から「翻訳の現在を知る」へと変わりました。

JTF会員の方には、今月号より紙に印刷された「JTFジャーナル」が郵送でお届けになります。

会員以外の方は、
サイト右上の「ログイン」をクリック
「無料アカウントを作成」してログイン、
その後に「表紙をクリック」してください。

http://journal.jtf.jp/

「翻訳と私」が始まってから、ちょうど一年。コラムのミッションステイトメントを改めて読み直してみました。

^^^^^^^
翻訳を取りまく環境は様変わりしていきます。ときには戸惑うこともある
でしょう。でも、「翻訳と私」という関係は変わらないのではないでしょうか。
どんなに環境が変わろうとも、自分の軸がしっかりと根づいていたら、日々
変わっていく風景にも心を惑わされることはないかもしれません。初心に
返ったり、立ち止まったり、未来に思いを馳せたり、「翻訳のこと」、一緒
に考えてみませんか? 「なぜ翻訳をするようになったのか」 今を見据え
ると、きっと未来が見えてきます。翻訳と皆さんのこと、教えてください。

Where there is a will, there is a way.
^^^^^^^

みなさん自身の「翻訳」との生活の一助となれば幸いです。

最新号http://journal.jtf.jp/
(無料ログインが必要です。)

バックナンバー(敬称略):http://journal.jtf.jp/backnumber/ 
第4回「ことばの森の片隅に」星野 靖子
第3回「翻訳を仕事にするまで」石垣 賀子
第2回「なぜ、『出版翻訳家』になりたかったのか」藤田 優里子
第1回「わたしを導いたもの」斎藤 静代

旧コラム「人間翻訳者の仕事部屋」のバックナンバーは、以下一覧からお読みいただけます。(敬称略)
http://journal.jtf.jp/column18_list/

わたしを導いたもの●斎藤 静代
翻訳と役割語●片山 奈緒美
『デュカン・ダイエット』をめぐる冒険●福井 久美子
出版翻訳と軍事とTradosと●角 敦子
私の選んだ道●久保 尚子
実務から書籍へ、そして翻訳会社●山本 知子
しなやかな翻訳スタイルを目指して進化中●倉田 真木
Out of Line●小野寺 粛
小さな節目に●熊谷 玲美
はじまりは気づかぬうちに●北川 知子
在米翻訳者のつぶやき●ラッセル 秀子
校正刷りの山の中から●伊豆原 弓
結局趣味が仕事になった●安達 俊一
ワタシハデジタルナホンヤクシャ●安達 眞弓
翻訳書の編集は「生業」であり「使命」●小都 一郎
大統領を追いかけ続け早十二年●村井 理子 

「翻訳と私」Facebookページ:こちらでもバックナンバーがお読みいただけます。

https://www.facebook.com/%E7%BF%BB%E8%A8%B3%E3%81%A8%E7%A7%81-346062368870900/

 

JTFjournal289

第27回翻訳祭 11月29日(水)

今年もいい肉の日(11月29日(水))にJTF翻訳祭の開催が決まり、実行委員が集まりました。「考えよう、翻訳のこと ~ともに歩む翻訳の未来へ~」と題して行われた昨年の翻訳祭は、個人翻訳者の参加が2倍という結果で、今年も引き続き多くの翻訳者の方々に参加して欲しい、との願いから、去年の実行委員が継続して企画・運営にたずさわることとなりました。

今年はさらに法人企業の視点を織り込もうと、委員長を昨年務められた古谷理事(GMOスピード翻訳(株)代表取締役社長)の他に、同社シニアエンジニアの金 楓さん、(株)ワードスパン 代表取締役社長の渡邊麻呂さんが加わり、1回目の企画会議が開催されました。

翻訳者、翻訳会社、発注者が集う貴重なイベントだと思うので、いい肉の日(11月29日(水))は今から予定を空けておいてくださいね。

こんな話が聞きたい、などアイデアがあったら、いつでも連絡ください。また、登壇してください! と連絡させてもらうこともあるかもしれません。

あまり遠い未来のことは分かりませんが、1年後、3年後、5年後、10年後、20年後の仕事環境が少しでもよくなればと、ひとりひとりが知恵を出し、手を貸せる翻訳業界であって欲しいな、と願っています。

今年もよろしくお願いします。

関連ブログ:

# 第27回 翻訳祭、始動!

今年もJTF翻訳祭実行員会〜!

18010893_10154306213120689_1574165416720364531_n