「調べ物という命綱」和爾 桃子さん

「日本翻訳ジャーナル」2018年5月/6月号が発行されました。

連載「翻訳と私」第10回 では、「調べ物という命綱」と題して、 翻訳者の和爾 桃子さんに寄稿していただきました。

【和爾 桃子さんプロフィール】
ミステリとファンタジーを主に手がける。ディー判事シリーズ全十六巻(ロバート・ファン・ヒューリック著 早川書房)、『ドラゴンがいっぱい!』(ジョー・ウォルトン著 早川書房)、予審判事アンリ・バンコランシリーズ(ジョン・ディクスン・カー著 東京創元社)、『ささやかで大きな嘘』(リアーン・モリアーティ著 東京創元社)他多数。三十五年欠かさず六十~百キロ漬け続けてきた梅干レシピや、漢文の老師に叩き込まれた読書マナーの講習もたまにしている。

ログイン登録をしていただけましたら、無料でお読みいただけます。

和爾 桃子さん、有り難うございました!

最新号:http://journal.jtf.jp/

サイト右上の「ログイン」をクリック
「無料アカウントを作成」してログイン、
その後に「表紙をクリック」してください。

連載「翻訳と私」バックナンバー(敬称略)
http://journal.jtf.jp/backnumber/

「効率的な翻訳を」上原 裕美子(2018年3月/4月号)
「優秀な受講生のみなさんに講師が学ぶ翻訳教室」金子 靖(2017年11月/12月号)
「空白のものがたり」喜多直子(2017年9月/10月号)
「ミスのない翻訳チェックをするために」久松紀子(2017年7月/8月号)
「世界一面白い本を」白須清美(2017年5月/6月号)
「ことばの森の片隅に」星野靖子(2017年3月/4月号)
「翻訳を仕事にするまで」石垣賀子(2016年11月/12月号)
「なぜ、『出版翻訳家』になりたかったのか」藤田優里子(2016年9月/10月号)
「わたしを導いたもの」斎藤 静代(再掲、2016年7月/8月号)

旧コラム「人間翻訳者の仕事部屋」(敬称略)
http://journal.jtf.jp/column18_list/

「わたしを導いたもの」斎藤静代
「翻訳と役割語」片山奈緒美
「『デュカン・ダイエット』をめぐる冒険」福井久美子
「出版翻訳と軍事とTradosと」角敦子
「私の選んだ道」久保尚子
「実務から書籍へ、そして翻訳会社」山本知子
「しなやかな翻訳スタイルを目指して進化中」倉田真木
「Out of Line」小野寺粛
「小さな節目に」熊谷玲美
「はじまりは気づかぬうちに」北川知子
「在米翻訳者のつぶやき」ラッセル秀子
「校正刷りの山の中から」伊豆原弓
「結局趣味が仕事になった」安達俊一
「ワタシハデジタルナホンヤクシャ」安達眞弓
「翻訳書の編集は『生業』であり『使命』」小都一郎
「大統領を追いかけ続け早十二年」村井理子

JTFjournal295.png

「効率的な翻訳を」上原 裕美子さん

「日本翻訳ジャーナル」20183/4月号が発行されました。

連載「翻訳と私」では、「効率的な翻訳を」と題して、 翻訳者の上原 裕美子さんに寄稿していただきました。

【上原 裕美子さんプロフィール】
東京都生まれ、筑波大学第二学群比較文化学類卒業。ノンフィクションを中心に翻訳を手がける。最近の訳書は、サンディーン『壊れた世界でグッドライフを探して』(NHK出版)、『世界の一流企業はゲーム理論で決めている』(ダイヤモンド社)、コーエン他『アメリカ経済政策入門』(みすず書房、2017)、デスーザ他『「無知」の技法』(日本実業出版社)、ヘンリー『後悔せずにからっぽで死ね』(サンマーク出版)など。フェロー・アカデミーで通信添削講座も担当中。

ログイン登録をしていただけましたら、無料でお読みいただけます。

上原 裕美子さん、ご寄稿有り難うございました!

最新号:http://journal.jtf.jp/

サイト右上の「ログイン」をクリック
「無料アカウントを作成」してログイン、
その後に「表紙をクリック」してください。

連載「翻訳と私」バックナンバー(敬称略)
http://journal.jtf.jp/backnumber/

「優秀な受講生のみなさんに講師が学ぶ翻訳教室」金子 靖(201711/12月号)
「空白のものがたり」喜多直子(20179/10月号)
「ミスのない翻訳チェックをするために」久松紀子(20177/8月号)
「世界一面白い本を」白須清美(20175/6月号)
「ことばの森の片隅に」星野靖子(20173/4月号)
「翻訳を仕事にするまで」石垣賀子(201611/12月号)
「なぜ、『出版翻訳家』になりたかったのか」藤田優里子(20169/10月号)
「わたしを導いたもの」斎藤 静代(再掲、20167/8月号)

旧コラム「人間翻訳者の仕事部屋」(敬称略)
http://journal.jtf.jp/column18_list/

「わたしを導いたもの」斎藤静代
「翻訳と役割語」片山奈緒美
「『デュカン・ダイエット』をめぐる冒険」福井久美子
「出版翻訳と軍事とTradosと」角敦子
「私の選んだ道」久保尚子
「実務から書籍へ、そして翻訳会社」山本知子
「しなやかな翻訳スタイルを目指して進化中」倉田真木
Out of Line」小野寺粛
「小さな節目に」熊谷玲美
「はじまりは気づかぬうちに」北川知子
「在米翻訳者のつぶやき」ラッセル秀子
「校正刷りの山の中から」伊豆原弓
「結局趣味が仕事になった」安達俊一
「ワタシハデジタルナホンヤクシャ」安達眞弓
「翻訳書の編集は『生業』であり『使命』」小都一郎
「大統領を追いかけ続け早十二年」村井理子

JTFjournal294.png

翻訳を担当した記事

随時更新していきます。

やっぱりホテルが最高と実感する民泊の最悪エピソード24選

どうせなら知らずに死にたかった 21の残酷な事実

不平等な共感。なぜ西洋諸国での「死者300人」報道と、アフリカとでは、扱いに差があるのか ↑書き出しが気に入っているので、読んでみてください。

アメリカでの密入国と国境警備 その現実を知る

「ノー」と断る自由を子どもに。ダンスパーティーのルールめぐって議論

心に効くと評判の対処法を全部まとめてやってみた結果

女性性器切除(FGM)の根絶に向けた米国での厳しい戦い(Yahoo! JAPANニュース)

タブーを話そう。女性器切除(FGM)の根絶に向けた長い戦い

妊娠したらおっぱいはどうなるの? みんなに知ってほしい11のこと

目に飛び込んでくるつらいニュース こんな時どうしたらいい?

赤ちゃんを授かるのにかかった費用:私たちの場合(Yahoo! JAPANニュース)

赤ちゃんを授かるのにかかった費用:私たちの場合

核への不安とトランプ政権。最悪の場合に何が起きるのか(Yahoo! JAPANニュース)

核への不安とトランプ政権。最悪の場合に何が起きるのか。

ダイエットコークが攻めすぎ! ちょっと飲んでみない?

がんで亡くなった妻の、最後のジョーク。残された夫が気づいたこと

TwitterのDM含む個人情報を社員数百人が閲覧? Tw社は否定

『スター・ウォーズ』はここで撮影された! 全ての惑星は、地球上にあった。

ある雑誌に写真の掲載を拒否されたモデル。#体型批判とインスタに投稿

日常に蔓延しているセクハラ。過去の体験に向き合う写真プロジェクト

銃撃事件の被害者に家を買おう、と寄付が集まった

翻訳祭、事前〆切り:11月15日(水):午後1、午後2

1時間半のお昼休憩を挟んで、午後1のセッションは何を聞きましょうか。「講演・セッション」を無料で聴講できるボランティアもまだ募集しているので、関心がある方はこちらをご覧ください。(PDFが開きます。

午後1、午後2のセッションで私が個人的に聴きたい! という3つは、これ!

1.14:30~16:00 「書籍を訳すという仕事」
村井 理子さん(翻訳家)
伊皿子 りり子さん((株)CCCメディアハウス 書籍編集者)

翻訳家と編集者の対談です。翻訳の楽しさ、忘れていませんか? 聞き終わった後にきっと翻訳の原点に戻れるセッションです。午後1、午後2と出版セッションが続きます。お席の入れ替えがありますが、翻訳が好きな人、出版翻訳に興味がある人、聞かなくちゃ!(私は恐らくこのセッションの司会をしているので、見かけたら声をかけてください。)

16:30~18:00 「出版翻訳入門 ~産業翻訳からのアプローチ~」
井口 耕二さん(フリーランス翻訳者、翻訳フォーラム共同主宰)
松丸 さとみさん(フリーランス翻訳通訳者、ライター)

産業翻訳から出版翻訳って行けるの? とお考えの方、まねできない! と思わずに、まずは話を聞いてみましょう。松丸さんがきっと普段はとても私たちからは直接聞けないような質問を、井口さんに投げかけてくれることでしょう。乞うご期待。(ちょっと圧力をかけてみました。)

16:30~18:00 「『うわっ…私の年収、低すぎ…?』にならないための営業戦略」
関根 マイクさん(関根アンドアソシエーツ 代表、日本会議通訳者協会 理事)
これは聞きたいけど、果たして私はどこのセッションに入れるのか? いったいマイクさんはいくら稼いでいるのでしょうか。その辺もちょっと聞きたいです。

ここでは紹介し切れないので、詳しくはプログラムをご参照ください。懇親会はどうしようかな、とお考えの方、参加した方がよいです。懇親会だけ参加する方もいるくらいです。翻訳者との交流に加えて、エージェントさんとの出会いも発生します。名刺の準備も忘れずに。

プログラム詳細:
https://www.jtf.jp/festival/festival_program.do

11月15日(水) 事前申し込み〆切り:
https://www.jtf.jp/festival/festival_apply.do

ボランティア募集:(PDFが開きます。)
https://www.jtf.jp/festival/pdf/27thvolunteer.pdf

それでは翻訳祭でお会いしましょう。

翻訳祭、事前〆切り:11月15日(水):午前1

翻訳祭、事前〆切り:11月15日(水):午前2
フリーランス翻訳者の名刺:みなさんは、どのような名刺を使っていますか?

 

翻訳祭、事前〆切り:11月15日(水):午前2

さて、午前2のセッションは何を聞きましょうか。

1.11:30~13:00 「翻訳の過去・現在・未来 ~解体新書からAI、そしてその先へ~」
高橋 さきのさん(翻訳者)
深井 裕美子さん(翻訳者、通訳者、翻訳講師)

先日重版出来した『できる翻訳者になるために プロフェッショナル4人が本気で教える 翻訳のレッスン』の著者のうちのお二人によるセッションです。最近はAIが台頭しているけど、大丈夫? と心配な方、基礎固めをして淘汰されない翻訳者になる指針が見つかるかもしれません。人気セッションなのでお席に限りがあります。ご来場はお早めに。

2.11:30~13:00 「寝ても覚めても特許翻訳(日英)―企業様の強い権利化を支える翻訳者になる」
中山 裕木子さん((株)ユー・イングリッシュ 代表取締役、(公社)日本工業英語協会 専任講師)

『会話もメールも英語は3語で伝わります』(ダイヤモンド社)などの著書をお持ちの中山さんのご登壇です。特許の話をされると思いますが、英訳者全般に役立つ情報が満載です。

3. 11:30~13:00 (ミニ講演会)
午前1に引き続き、いろいろな話を聞きたい方にお薦めです。10分セミナーが8本!

「ドイツ語特許翻訳に参入しよう」 上野 哲也さん(社内翻訳者)

「トライアルに合格していただくために – IT翻訳の最前線で」 梅田 智弘さん((株)テクノ・プロ・ジャパン 代表取締役社長)
加藤 泰さん((株)テクノ・プロ・ジャパン ベンダー&リソースマネージャー)

「あいまい文のもたらす不経済効果と対応策 「時間泥棒」と呼ばれないために」
川月 現大さん((有)風工舎 代表)

「翻訳会社同士で組みませんか? AIや機械翻訳の発達で不安ではありませんか?弱者同士でも勝てる方法はあるはずです」 金 春九さん((株) ビーコス 代表取締役、JTF理事)

「超高速版!翻訳チェックの組立て方」 齊藤 貴昭さん(翻訳コーディネータ兼社内翻訳者、JTF 理事)

「のべ3000人に発注してきた元コーディネータから見た「選ばれる通訳者・翻訳者たったひとつの絶対条件」 それは「通訳翻訳スキル」ではありません。本当に必要な「選ばれる条件」についてお話しします」
酒井 秀介さん(通翻訳者のためのビジネススクール「カセツウ」 代表)

「産業翻訳界の片隅で生きてきた私が通訳案内士の世界を覗いてみた!」 佐々木 美智代さん (フリーランス英日・日英翻訳者、通訳案内士)

「フリーランス翻訳者として心がけてきたこと」 佐藤 従子さん(特許翻訳者)

午前2セッションもどれを聞いたらよいのか悩みますが、受付でもたもたしているとお席がなくなっちゃうかも?

事前申し込み〆切りは、11月15日(水)です。お申し込みはお早めに(笑)しつこくてすみません。

関連リンク
翻訳祭、事前〆切り:11月15日(水):午前1
翻訳祭、事前〆切り:11月15日(水):午後1、午後2

フリーランス翻訳者の名刺:みなさんは、どのような名刺を使っていますか?

翻訳祭、事前〆切り:11月15日(水):午前1

早いもので今年のJTF翻訳祭まで後2週間となりました。事前申し込みはお済みですか? 今年も昨年に続き、第1セッションから席取りが必要そうなものが目白押しです。事前申し込みの締め切りが明日、11月15日(水)です。昨年は事前申し込みで定員に達したため当日申し込みがありませんでした。今年はまだ分かりませんが、第1セッションから聞きたいものがある場合は、事前申し込みをお薦めします。

どれも聞きたいセッションで悩みますが、英訳、出版など私が参加したいなぁ、というものを中心に簡単にご紹介します。書き始めたら長くなりそうなので、午前1午前2午後1午後2セッションの順にお薦めポイントをまとめます。

1.9:30~11:00 「翻訳教育のススメ ―ひとは如何にして翻訳者になるか―」
柴田 耕太郎さん(翻訳教育者)

今年6月に『決定版 翻訳力錬成テキストブック: 英文を一点の曇りなく読み解く』 が刊行されました。「英文を一点の曇りなく読み解く」という柴田先生の話を聞ける貴重な機会です。

2.9:30~11:00 「フリーランスだから考えたいお金のこと」
古川 智子さん(日本FP協会認定AFP)

あぁ、なんでコマがかぶっているの! と思いますが、お金のことをまとめて聞けるセッションです。ご自身もフリーランスで、アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナーの資格をお持ちの古川さんから、フリーランスだからこそ知っておいた方がよいお金の話をまとめてお伺いしましょう。

3.9:30~11:00 「よくみる和文英訳の落とし穴~より読みやすい英訳のために~【第2弾】」
Benjamin Tompkins(医薬翻訳者、元JAT会長・理事長)

英訳者の私としてはなんとしても聞きたいセッションなのですが、果たして聞けるのか?! JTFセミナーでも人気のお話です。英訳者必聴!

4.9:30~11:00 (ミニ講演会)(以下順不同)

10分でいろいろな話を聞きたい方には、こちらがお薦め。ちなみに私はこちらのセッションで司会をする予定なので、見かけたら声をかけてください。登壇される方は、お時間厳守でお願いします。タイマー持参で行くので、容赦なく10分で切るのでお許しください。

「ダミー動詞を用いた英文和訳」 杉山 範雄さん((株)杉山特許翻訳 代表)

「ISO17100に基づく翻訳者資格登録制度について」 塚本 裕昭さん((一財)日本規格協会 翻訳者評価登録センター 専門職)

「ネイティブチェック」信仰を抜け出す――理論、手法そして実践」 成瀬 由紀雄さん(サイマル・アカデミー 講師)

「フリーランサーの生活の質(QOL)を考える – 眼の健康」 藤田 順弘さん(フリーランス翻訳者)

「プレイン・イングリッシュをご存知ですか―プレイン・イングリッシュを使用した英文作成―」 三島 のどかさん((株)エイアンドピープル グローバルコミュニケーション部 部長)

「海外の翻訳会社と取引してみよう」 宮原 健さん(個人翻訳者)

「専門外から生物・バイオ系を武器に~メディカルの基礎にも」 吉田 博子さん(フリーランス技術・医薬翻訳者)

「AI時代の翻訳者として」 ローズ 三浦さん(翻訳者)

午前2セッションの紹介は、別記事といたします。みなさんはどのセッションを聞きますか?

事前申し込み〆切りは、11月15日(水)です。お申し込みはお早めに。

関連リンク
翻訳祭、事前〆切り:11月15日(水):午前2
翻訳祭、事前〆切り:11月15日(水):午後1、午後2

フリーランス翻訳者の名刺:みなさんは、どのような名刺を使っていますか?

 

 

 

朝どれ真鯛のあら

筋子を漬けようと水産市場に行ったら朝どれ真鯛のあらが安かったので買ってきた。今日の夕飯はこれに決定。198円を2パック買った。

ざるにあけて、冷水で洗う。鱗が残っていたら包丁でこそげた方がよいけど、面倒くさいので省略。大きな竹ざるにペーパータオルをしき、塩をふる。魚を並べる。塩をふる。ペーパータオルをしくの繰り返し。左がカマ、右が頭。頭は吸い物に、カマと残りの身は塩焼きに。

塩焼きにするカマと残りの身は、ラップにくるんで冷蔵庫へ。結構とれた。まともな身もあるので小分けにして冷凍したらいいのかもしれないけど、面倒くさいのですべて塩焼きに。

23471974_10210749041904349_4380094306378099378_n

あく取り用の落とし蓋を使っているので、あくを取っていないけど、保温鍋に切り出し昆布と一緒に頭を4切れ入れて煮る。沸騰したらそのまま保温器へ。保温鍋はシャトルシェフの鍋をふたつ持っている。冬場は汁物を作るのに大活躍。

23549934_10210749160347310_1982079967013911542_o

これで400円弱で2品できた。今日の夕飯は、いくらの醤油漬け、真鯛の塩焼き、真鯛の汁物に決まり。切り出し昆布は水に戻したりせずに、キッチンばさみでそのまま鍋に切り入れる。ここら辺の話は、『もっと使える乾物の本―おいしさ・手軽さ新発見 食べ方・使い方170』だったかな、奥薗壽子さんのずぼら育児本などを一時ずいぶんと読んで以来、乾物は戻さずそのまま使っている。